粉ものの祖先は「もんじゃ焼き」?わいわい食べるのが楽しい、もんじゃ焼きの秘密。

鉄板系粉ものの発祥は、関東?

みんなで、わいわい食べたい、もんじゃ焼き。

こんばんは!喃風池袋サンシャイン60通り店です。気づけば、もう3月ですよ。早すぎてびっくりしますね。春まであと一歩な感じですが、もう少ししたら桜の季節がやってきます。お花見も楽しみですねー。
さて、今日はもんじゃ焼きのお話を。

東京の下町と言えば、もんじゃ焼き。

関西と言えば、お好み焼き。東京の下町と言えば、もんじゃ焼きのイメージですが、実はもんじゃ焼きから生まれたのが、お好み焼きであるよう。明治時代に、もんじゃ焼きよりも粉の量を増やして固めていったら、お好み焼きになったんだとか。
お好み焼き屋が増えたことによって、駄菓子屋で子どものおやつとして食べられていたもんじゃ焼が、大人の食事としても認知されるようになっていったようです。今では、もんじゃ焼きを食べながらお酒を飲むというのも当たり前になっていますが、もともとは子どもの駄菓子だったなんて不思議な食べ物ですよね。

東京でも人気のお好み焼きを喃風で。

関西のイメージが強い鉄板系粉ものですが、ルーツは関東にあり?もんじゃ焼き・お好み焼きを食べるなら喃風へ!
今週も喃風池袋サンシャイン60通り店でお待ちしております。

喃風池袋サンシャイン60通り店 公式ページ
http://nanpuu-ikebukuro-sunshine60.com/